読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを書く8つのメリット (1)

ブログを書けば書くほど、書き始めて本当に良かったと思う。良いことはみんなに広めたいので以下にメリットを並べる。

 

(1) 世界中に読者ができる
以前、多国籍企業に勤めていて嬉しかったのは、やはり世界中の情報が頻繁に入ってきたことだった。

 

自分が担当しているアジア太平洋地域以外については上司から耳にする程度だったが、それでもそんな生の情報に触れて遠くの国を近くに感じられてワクワクした。

 

現在の私は会社に属しながらもプロジェクト毎に個人でお仕事をする機会が増えたので、そんな「つながり」を意識する機会は極めて少ない。

 

それでも私のブログに過去30日間の間にアクセスした読者の国を見て驚いた。なんと15ヶ国にも及んでいるではないか。

 

アクセス数順に見るとざっとこんな感じ。

 

日本、シンガポール、アメリカ、タイ、ベトナム、香港、インドネシア、ミャンマー、オーストラリア、スペイン、マレーシア、中国、フランス、モルジブ、台湾

 

我ながらこれはなかなかすごいと思う。これもひとえにフェイスブックのおかげだと思うし、たまたま私のブログの読者が「旅好き」なだけかもしれない。

 

それでも、私のような個人にもこんな「つながり」を世界中に構築できてしまうなんて、考えるだけで本当に感慨深いのだ。

 

(2) リアルタイムで読者数がわかる
グーグル解析を使うと、「今、この瞬間」のリアルタイムで私のブログを読んでくれている読者数が表示される。

 

そこでわかる情報は人数とその読者がブログにアクセスしている国だ。地図上の一部に丸が表れるので一瞬、震源地情報かと見紛うが、そうではなく貴重な読者様の現在地情報なのだ。

 

今、この瞬間に私のブログを読んでいる人がいる。そう思うとこれを見る度、私の胸は激しくキュンキュンする。

 

最近流行りのエムグラム診断によると、私は「超寂しがり屋」らしい。絶対に認めまいと意地を張っていたけれど、最近ではちょっと自分でも認めざるを得ないかなぁと感じてきた。

 

特に夜中などに「現在3人のアクティブユーザーがサイトを訪問しています」などと表示されるやいなや「私、今1人じゃない♡」と嬉しくなることからもそれは激しく明白だろう。

 

自分のブログを書く、これが超高齢化が進む日本の孤独死を妨げる大きな武器になるかもしれない、と本気で思えてきた。

 

ここまで書いたらお腹が空いたので続きはまた今度。