読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「結婚運」って何?

「あなたにはもともと結婚運が無いのよ」私は立て続けに複数の「見える」方達からこう言われた。

 

彼らによると、「結婚運が無い」というのは「異性運が無い」ことも意味するらしい。

 

そしてもともと「結婚運」が無い私のような人が結婚すると結局は離婚、あるいは死別するそうだ。

 

おそらく結婚したとしても、もともとお互いに「結婚運が無い」者同士が出会ってしまうからそのような結果になるのかもしれない。

 

「婚活中です♫」というわりには頭が常に出家願望で大半を占める私は、むしろそう言われてホッとした。

 

人は生まれる前に自分で自分の生き方を決めてくるという。だから私も生涯独りで生きていくと予め決めてきたようだ。

 

良き理解者を得たかのように心の中からは違和感が消え去り「自己一致感」で満たされるようだった。

 

そうのんきに構えていたら「見える方」のうちの1人がこう言った。

 

「あなたは先祖のお墓を護るお役目があるのよ。だから結婚しないで家に戻るの」と言われた。

 

(えぇぇぇ、そんなことってあるの?!)

 

そう言われてみると思いあたるフシがいくつもあった。過去の数々の点と点の不思議なできごとが線でつながっていくようだった。

 

ただ、私には弟がいる。普通は弟がその役割を引き継ぐのではないのか。

 

その「見える」方いわく、その役割を弟に託し、今からでも頑張って「結婚運」に磨きをかければ、なんと「異性運」と「結婚運」の両方を獲得できる希望があるらしい。

 

(なるほど〜、世の中はうまくできている)、おめでたい私はちょっとその気になった。

 

そう、最後の望みの綱は「やる気」なのだ。

 

ハッキリ言って「見えない領域」の話はポジティブにもネガティヴにもどっちにもころぶ。結局は自分が信じたいことだけを信じるのが人間だ。

 

ぶっちゃけ私だって耳触りの良いことを集めて都合良く解釈をして悦に浸っている。

 

ヒトは注目されたところが増えるようにできているそうだ。良いところをたくさんほめればほめるほどそこがどんどん伸びるらしい。

 

だったらやっぱり私はポジティブなことを増やして気分良く毎日を過ごしたい。そうしてなんとなくでも「人生は自分の手で変えられる」と思えるだけで可能性は広がっていく気がするのだ。