読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Matt Masui氏との出逢い(3)

「海外に行った時にはいろんな方とお会いするようにしているんです。」と目の前の鬼イケメンMatt氏は目をキラキラ輝かせながらこう語る。

 

ごく最近、自分の中に「イケメンバイアス」というフィルターがあるのを自覚した。イケメンに対してはつい大目にみてしまうというあれである。

 

人を見た目で判断してはいけないと自分に言い聞かせながら、それを差し引いても余りあるほど目の前の鬼イケメンMatt氏はどこからどう見ても爽やかだ。

 

なぜなのか。何をもってして彼はこんなに爽やかなのか。ランチでお話しても正直、理由はよくわからない。ただ1つわかったのは前職で彼は「日本のポップカルチャーを発信していた」という事実だ。

 

それを知るや否や会わせたい人達がたくさん溢れ出てきた。テーマは「シンガポールにいながらにして鬼イケメンMatt氏と同じ西海岸の風をまとう雰囲気の人達」だ。そこには「スタートアップ」な香りも漂う。

 

どうやら私は「つなげること」に長けているらしい。転職先をご紹介するキャリアコンサルタントをしていた関係でヘッドハンターにヘッドハントされてヘッドハンターをやらないかと迫られることも多い。

 

常日頃、相性というのは「好き嫌い、良い悪いではなく合う合わない」だと思っている。経験則をもとに彼との出逢いで相乗効果が生まれそうな方達をどんどんおつなぎすることにした。

 

真っ先に頭に浮かんだ内の1人はTong Cheuk Fung氏。彼はシンガポール進出企業支援のWasabi Creation並びにショートフィルム上映会のRed Dot Cinemaを仕掛けたシンガポールの若手ホープ。

 

彼はこれまで数多くのメディアインタビューを受けたことがあるので、彼の記事をどこかで目にしたことがある方も少なくないであろう。

 

Tong氏は京都に5年間滞在していたため日本語を流暢に話す。We are oneという団体を立ち上げ数多くのイベントも開催してきた。

 

シンガポールと日本の架け橋であるTong氏の架け橋となり大手企業のPR担当Matt氏のPRをする私。勝木健太氏から学んだ「エクスポネンシャル(指数関数的)な」動きとはまさにこのことではないか。我ながら感心する。

 

忙しいTong氏にアポを取って、まずは私1人でオフィスに駆けつける。Tong氏はいつもの温かい笑顔で私を向かいいれてくれた。彼とは先日、彼主催の映画祭でお会いしたばかりである。

 

今年、2016年はシンガポールと日本の国交正常化50周年を祝う記念すべき年だ。それは略してSJ50と呼ばれ島内では至るところでイベントが開催されている。

 

Tong氏も「SJ50映画祭」を開催し私も参加した。シンガポールと日本の短編映画が交互に上映される。厳選された短編映画は文化的な側面が丁寧に描写されていた。何より期待以上にクオリティーが高く心暖まる内容で楽しいひと時を過ごせた。

 

気が付けばTong氏はこれまでいったいいくつのイベントを開催したのだろう。お声がけを頂いていくつかのイベントをご一緒させて頂くことができた私は本当に幸せ者だ。

 

f:id:yumikitahama:20161120144537j:image

 

続く