読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Matt Masui氏との出逢い (1)

「私の大学の後輩がシンガポールに行くそうです。もしお時間があれば、ゆみさんとお会いしたいという人間がおります。」と我らが健太氏から連絡を頂いた。http://katsuki-kenta.com/ ということは私の弟の後輩にもあたるので失礼があってはいけない。 「おぉ…

プロコーチとしあきとの対話 (1)

「コーチングってそもそも何?」とよく聞かれる。「コーチ」は馬車を意味する。今でいうとタクシー。「電車やバスみたいに駅やバス停までではなくて、目的地まで一緒に行けるようサポートするんですよ、それがコーチの役割です。」と説明する。 それでもちょ…

気がつけばベジタリアン パート1

長年、私は文字通りの「肉食女子」だった。一番の大好物はとんかつ。関西人なのでソースは必須アイテム、今でも郷愁をそそる。だからシンガポールの週末にはとんかつ専門店「とん吉」にあしげく通った。とにかく豚が好きでお好み焼きといえばぶた玉、肉まん…

とっておきの自撮りを撮る方法

今やセルフマーケティングに欠かせない自撮り。振り返ると本格的に自撮りを始めたのは2年半前。当初は自撮りをするのも、それをフェイスブックに載せるのも恥ずかしくて顔から火が出そうだった。その時の写真を見ると別人のように初々しい。慣れとは恐ろし…

預言カフェ パート3

前回は預言カフェという「心の拠り所」があるおかげでいかに私の人生の質が良くなったかについて言及した。今日は引き続き2011年10月5日の預言から学んだことについて書きたい。 私はもともと典型的な「Noと言えない日本人」だ。海外で暮らすようにな…

「引き寄せの女王」と呼ばれて パート3

前回のパート2では5000シンガポールドル(日本円で40万円相当)のF1レースのチケットを引き寄せたエピソードに触れた。今回は就職先、転職先について書いてみたい。 「海外留学したい」と父に話すと「会社が赴任させてくれるんだったらいいよ」と言われた…

預言カフェ パート2

前回、預言カフェで預言を頂くようになってからどのように人生が変わったかについて書いた。今日はその続きで2011年10月5日の預言について書く。通常、預言は書き起こすとA4のワードで1枚分くらいになるのでブログでは少しずつ紹介していきたい。 正…

「通訳」というお仕事 パート1

今日はシンガポールの高島屋で通訳のお仕事をした。「ファンデーションと言えばカバーマーク」と言われる創業70年の老舗ブランドだ。日本人メークアップアーティストが来星、なんと無料でメイクアップを体験できる。まだ若干の予約が可能なのでこの機会を活…

「天然ぼけ」とは

どうやら周りの人に言わせると私は「天然ぼけ」の部類に属するらしい。「なんということだ。こんなに日々真面目に生きている人を呼びつけて『天然ぼけ』とは至極失礼ではないか。ありえない!」とは本気で思っていない。 そもそも何を持って「天然ぼけ」とい…

半年で10キロ痩せる方法

自称「健康オタク」の私はかつて半年で10キロ痩せたことがある。どのようにして痩せたのか、ここにその回想録を記したい。 それは忘れもしない19歳の時だった。近所のコンビニエンスストアでバイトを始めてからだろうか。私は急激に太った。主な原因はチョ…

Memories with Ee Yan Tan

I met her at Adam Khoo’s Wealth Academy for the first time. She was a volunteer coach taking care of new students. I still remember the time vividly. At that time, I wore contact lenses and couldn’t find a disposable eye drop to clear a di…

祈り

友人の死から一夜明けた。遺族の方から私達と一緒に写っているフェイスブックの写真が気に入ったので解像度の高い写真を送るよう頼まれる。その写真が入っているはずの電池切れの古いアイフォンは充電に時間がかかりなかなか起動しない。 代わりに写真を保存…

預言カフェ パート1

今朝、大切な友人が亡くなった。ホスピスでの突然の死だった。彼女についてブログに書く気にはまだなれない。フェイスブックではなるべくポジティブな投稿を心がけてきたが、ブログでは素のままリアルに思うことを書くと決めている。だからこんな時こそ私が…

For whom? (誰のために on July 11, 2016)

I've just noticed that today is such an amazing lucky day that overlap two Japanese auspicious days - Ichiryu-manbai-bi (一粒万倍日) and Tensha-bi (天赦日), so I decided to start writing a diary in "Hatena blog" as I've wanted to start ear…

「癒し」の真実  (1)

私のブログ「長女の生き方」で「奪う、奪われるを手放す」という主旨の話を書いた。そして昨日、驚愕の事実に気が付いた。「癒す、癒される」もまた「奪う、奪われる」と同義語なのだ、ということに。 これまで自分の中の大きなテーマは「癒し」であった。そ…

Someday never comes

I've just wrttien the letter to someone who needs a surgery asap. Well, I cannot do more than this, but I do hope he will go for it. "Dear Mr. xxx, How have you been? Hope it's a good day to you! Please feel free to contact me if you would…

ソーシャルメディアのメリットとは

「フェイスブックばっかりやっているみたいだけど時間の無駄だよ」と言われたことがある。確かに私はフェイスブックをよく見ているし、投稿も頻繁にしている。基本的に家にテレビを置かずテレビを見る習慣のない私にとって、フェイスブックが代わりのメディ…

「引き寄せの女王」と呼ばれて パート2

前回「引き寄せの法則」でThe Alfeeのコンサートの最前列をゲットした件について書いたので今回はその続き。シンガポールのアンソニー・ロビンズと自ら語るアダム・クー氏の「パターンズ・オブ・エクセレンス」で「Law of Attraction(引き寄せの法則)」を…

英語学習は本当に必要なのか

今日は日頃から気になっている議論について自分なりの見解を述べたい。よく英語学習の必要性が問われている。結論を述べよう、私は個人的に「必須である」と考える。 巷で「英語なんて普段話さないし、自分にとって必要は無いからいらない」という意見もよく…

「引き寄せの女王」と呼ばれて パート1

「人手が足りないから誰かにお手伝いしてもらう必要がありますね、とちょうど3日前に話をしていたところだったんですよ」というタイミングで面談をして今後さらにお仕事を頂く流れができた。いつもこんな調子なので最近は「引き寄せ」という言葉すら発しな…

長女の生き方

「第一子は、初めての子として両親の愛を独占する。しかし、第二子の誕生とともに突然『王座と特権』を奪われるのだ。その後、かつての『帝国』を取り戻そうとするだろう。」ツイッターでフォローしている「アドラーのことば」からの引用だ。 これは非常に興…

誰のために

今日は一粒万倍日と天赦日が重なるというすごい吉日だったということに先ほど気付いたので焦って前から始めたかった「はてなブログ」で日記を書き始めることにした。 今、マレーシアにいるので日本との時差の関係で日付が変わるまで幸いまだ1時間ちょっとは…