読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を良くするために必要なたった1つの真実

「心」というのは目に見えない。それゆえこれまでいろいろな定義がなされてきた。古今東西、活発な議論も行われ様々な分野で取り扱われている。

 

それは精神科の領域から心理学にまで至る。さらにIQに対して感情の知能指数と呼ばれるEQも生み出された。もう少し範囲を広げればはたまた宗教、哲学などまで多岐にわたる。

 

それだけにとどまらずスピリチュアルブームも起きて「魂」の話に及んだかと思うと「霊」まで出てきていつの間にかオカルトの話になっていたりする。

 

やはり「目に見えない」話を突き詰めていくうちに、いつの間にか、イコール「怪しい」という印象が生まれるのは否めない。

 

とはいえとても重要な課題なのでどうしたらもっとわかりやすく説明できるかを日々考えているとやっとしっくりくる例えが浮かんだ。

 

正直、以前の私だったら決して口にできないメタファーだが、あえて声を大にして伝えたい。

 

ただ、我ながら決してお上品な表現ではないどころか、お下品極まり無いことに気付いている。よって予めここで免責されるよう以下の文章を付け加える。

 

ここから先を読まれる方は、仮に今、お食事中だとしたら、一旦、読むのを止めて下さい。そして、お食事が終わってから入念に読み終えることを推奨します。

 


ポーズ

 


では心の準備ができた方は進んで下さい。

 


その昔、私はあまりにもお腹が痛くなって、我慢ができずとうとう病院に駆け込んだ。原因がわからずにX線まで取らされ、ドクターはお腹のレントゲン写真を見せてくれた。

 

白黒の写真を目の当たりにして「胸部の脂肪というのは一部映り込むから不思議〜」と思いつつ、痛みが激しい下部に目をやると、なんとそこには白い影があるではないか。

 

(うわぁ、もう一貫の終わり)と内心震えながら私は恐る恐るドクターに聴いてみた。「これは何ですか?」

 

するとドクターは淡々と「ガスですね」と教えてくれたのだ。

 

なんと!私の辛い痛みの原因はオナラだったのか。マジか、マジなのか。すぐには信じがたい事実を突き付けられた。

 

たかがオナラ、されどオナラ、決して侮れない。溜まったオナラは下腹部に大きな痛みをもたらしていたのだ。

 

そして最近やっと気が付いたのだけれど、実は心にも全く同じ事が起きる。たまにというより結構頻繁に起きている。

 

我慢に我慢を重ねて積み重なった行き場を失った憤り、悲しみ、憎しみ、嫉妬、悔しさなどなど挙げればキリがないが、こういった感情はしっかりと「心のオナラ」になっていく。

 

無意識下にいろいろなネガティヴな感情を溜め込んでいると、そのうち本当に具合が悪くなってくる。それはまさにオナラが大腸に溜まって下腹部が痛くなるのと同じことではないか。

 

最近「オーラが良くない人」というのは、つくづく「心にオナラが溜まった人」に違いないと感じる。

 

そして誤解を恐れずに言うと「憤り、悲しみ、憎しみ、嫉妬、悔しさに任せて口頭で人を叱り飛ばす人」と言うのは、まさに「長い間、苦しい便秘に悩まされた挙句、一挙にウンコをまき散らしている人」と同義語だと感じるようになった。

 

更にこの際だから言うと、なぜかそういう状態が普通になってしまって、気が付けばそういった「心のオナラやウンコ」を大切に保管し、何度でも観察しにいく習慣を意識的にも無意識的にも生み出してしまうというマニアックな事態まで起きていることもある。

 

これは非常に恐ろしい。目に見えるオナラやウンコだったらきちんとおトイレで始末できるのに、目に見えない心のオナラやウンコだと突然どうして良いかわからなくなる人が多いのだ。

 

だから心に何か引っかかるものを持つ人には、今一度、自分の心にしっかりと向き合う時を持つことをオススメしたい。

 

きっといろんな感情が浮かんでくるけれど、目を背けずに感情に向き合うことを自分に許可して欲しい。まずはそうするだけでもどんどん手放しが加速する。

 

旧正月の大晦日の今日、私は皆さんに「長い間心に溜まったものをデトックスしてスッキリと新年を迎えましょう♫」とお伝えしたい。

願いをどんどん叶えるには パート2

「努力はしているのにイマイチ結果がついてこない」あるいは「結果は出たのに微妙に運が悪い」そんな方達の相談を受けていて気が付いたことがある。

 

それは彼らがきまって自分のことを「犠牲者」だと感じていることだ。そしてあろうことか本人はそこに気が付いていない。誰だって「犠牲者」になんかなりたくないのだから至極当然だろう。

 

ではいったいそれが願いを叶えることとどう関連しているのか。これがつまりセルフイメージと呼ばれるところの「自分が自分のことをどう思うのか」という話になるのだが、これは相当に重要なことだ。

 

コーチングをしていても、相手によって、最近の私は超効率重視なので「犠牲者だと思っているでしょう」とズバリ、本人に指摘する。

 

そうすると「そうだねぇ」と納得する人もいれば、痛い所に命中し過ぎたのか、一気に噛み付かれて大変な思いをしたこともある。

 

まあ去る者は追わない主義なので、噛み逃げされても一向に構わないが、その後の本人のことを思うと苦虫を噛み潰したような気持ちになる。

 

単に「一刻も早くラクになって欲しい」から言っているだけなので、誰も言ってくれなくなった後、どんな風に生きていくのだろうかと想像すると深いため息が出る。

 

なので、そんな方達に向かってせめてここに記したい。「どんどん願いを叶えている人達」は、もはや勝ち負けの世界にいないし、シェアすればするほど受け取って循環するのを知っているのだ。

 

そんな彼らは常に自分達がベストなタイミングでベストな場所にいられるとわかっているから自然と助け合える。

 

「全ては必然」これは私の一番好きな言葉だ。タイミングが合わないことにすら意味がある。私とはご縁が無かったけれど、いつか楽しく願いを叶えられるようになっていて欲しいなぁと祈りながら、今ではゆったりと構えている。

願いをどんどん叶えるには パート1

世の中には次から次へと願いを叶えてしまう人達がいる。そういう人達に共通して言えることは「片づけ上手」だということだ。

 

それは何も目に見えることだけに限らない。彼らは例にもれず頭も心もスッキリと片付いている。

 

なぜなのか。それは彼らが「未完了を完了させる」あるいは「手をつけたことを一時停止させる」のが得意だからだ。

 

「目に見えないコト」なのに、それはあたかも、必要な時にだけ必要なモノを引き出しから取り出すかのごとく整理されている。

 

過去に起きたこともリソースとして今と未来に使えるモノだけを残す。要らなくなったら即座に忘却の彼方へ追いやるのを得意としているようだ。

 

それができれば、今、持ち得るエネルギーを目の前のことに100%集中できるから願いがどんどん叶う。叶えば叶うほど楽しいので、最短で叶える方法を身に付けてますます叶えられるようになる。

 

逆に「未完了の項目」がたくさんあると、漏電するかのようにエネルギーがダダ漏れるので、何1つ達成できない、あるいは達成するのに時間がかかる。

 

そしていくつもの宙ぶらりんなコトに気を取られているうちに集中力も欠けてくる。人間は慣れるとそういう事柄を無意識に押しやるのか、気が付けばたくさんの「ごみの山」で頭も心もいっぱいになっているのだ。

 

特に気を付けないといけないのは、客観的にその状況を見たら「とっくの昔に完了している」のに自分が本心からはそれを認めたがっていない、あるいは引きずっている場合である。

 

津波で遺族を亡くした方が一番辛いのは遺体が見つからないため、最期に面会できずお葬式でお別れができないことらしい。頭ではわかっていても心の中では「未完了のまま」なのだ。

 

そういう心の中の気がかりになることが積み重なっていくと、燃費の悪いクルマのように努力しているのに達成できないがゆえの無力感に襲われる。

 

そしてそんな状況が続くと自己嫌悪に陥ってみじめな気持ちになっていく。まったく悪循環とはこのことだ。

 

年の瀬になるとそういう頭と心のごみも一掃して、何もかもリセットしたくなる。「来年こそは」という希望にあふれると不思議と行動量も増える。

 

ただそんなやる気がみなぎるわりには、師走はなんだかんだ忙しく、時間が足りなくて大晦日に間に合わず「未完了を完了させるが未完了なまま」お正月を迎えることも多い。

 

そんな時に私は「大丈夫、旧正月に間に合えば良いんだから」と自分に言い聞かせる。なんと今年の旧正月は1月28日、あとまだ10日以上もあるではないか。

 

旧正月前のお片づけのことをこちらではスプリングクリーニングと呼ぶ。微妙なもやもや感を払拭すべく、ラストスパートで手離しを加速させて、ニワトリだって空を飛べそうな飛躍の酉年に備えたい。

「結婚運」って何?

「あなたにはもともと結婚運が無いのよ」私は立て続けに複数の「見える」方達からこう言われた。

 

彼らによると、「結婚運が無い」というのは「異性運が無い」ことも意味するらしい。

 

そしてもともと「結婚運」が無い私のような人が結婚すると結局は離婚、あるいは死別するそうだ。

 

おそらく結婚したとしても、もともとお互いに「結婚運が無い」者同士が出会ってしまうからそのような結果になるのかもしれない。

 

「婚活中です♫」というわりには頭が常に出家願望で大半を占める私は、むしろそう言われてホッとした。

 

人は生まれる前に自分で自分の生き方を決めてくるという。だから私も生涯独りで生きていくと予め決めてきたようだ。

 

良き理解者を得たかのように心の中からは違和感が消え去り「自己一致感」で満たされるようだった。

 

そうのんきに構えていたら「見える方」のうちの1人がこう言った。

 

「あなたは先祖のお墓を護るお役目があるのよ。だから結婚しないで家に戻るの」と言われた。

 

(えぇぇぇ、そんなことってあるの?!)

 

そう言われてみると思いあたるフシがいくつもあった。過去の数々の点と点の不思議なできごとが線でつながっていくようだった。

 

ただ、私には弟がいる。普通は弟がその役割を引き継ぐのではないのか。

 

その「見える」方いわく、その役割を弟に託し、今からでも頑張って「結婚運」に磨きをかければ、なんと「異性運」と「結婚運」の両方を獲得できる希望があるらしい。

 

(なるほど〜、世の中はうまくできている)、おめでたい私はちょっとその気になった。

 

そう、最後の望みの綱は「やる気」なのだ。

 

ハッキリ言って「見えない領域」の話はポジティブにもネガティヴにもどっちにもころぶ。結局は自分が信じたいことだけを信じるのが人間だ。

 

ぶっちゃけ私だって耳触りの良いことを集めて都合良く解釈をして悦に浸っている。

 

ヒトは注目されたところが増えるようにできているそうだ。良いところをたくさんほめればほめるほどそこがどんどん伸びるらしい。

 

だったらやっぱり私はポジティブなことを増やして気分良く毎日を過ごしたい。そうしてなんとなくでも「人生は自分の手で変えられる」と思えるだけで可能性は広がっていく気がするのだ。

「癒しの本質」(3)

南国の照りつける太陽のもと、駅まで歩く途中、ふと「Heal your soul, Live your life」というフレーズが降りてきた。

 

「魂を癒して自分の人生を生きる」と和訳してみた。これこそまさに私が一貫して伝えようとしてきたことだ。

 

「魂のクセ」というのはずっとそこにあるらしい。それをどうにかするために自ら課題を与えて、それをクリアにするために生まれてきたという説もある。

 

「魂のクセ」は「取る」と決めて「自分で取る」ものなので他の人に取ってもらうとなると無理があるらしい。

 

だから「魂のクセ」を取り除くお手伝いというのはある意味「余計なお世話」なのだ。自分の意志で持ち運んでいるものを他人がそれに気付いたからと言って「取りましょうか」というのは本人から「せっかくの貴重な学びの機会を奪う」ことになる。

 

なので自然とそういう側面で助けを必要としている方がどうしてもお手伝いして欲しい場合、またはお手伝いして欲しい様子だけれど言い出せない場合には「本人の許可と同意を得た上でお手伝いをする」というのが好ましいスタンスとなる。

 

これがきちんとしたステップなのだけれど、そういうのは無意識レベルで行われているのか、最近は全く別件でお会いしたにも関わらずいつの間にかそういうお話をする機会に恵まれる。

 

そして最近顕著に見受けられるのは、そんな相手とお話する中で気が付けば結果として、本人が納得するカタチで「魂を癒して自分の人生を生きる状況に近付く過程」を引き寄せていることが多い。

 

「魂のクセ」を少し取り除いたからといって即座に劇的に人生が変わることもあるが稀である。古いクセと生きるのは居心地がいいからまた戻ってしまいがちだ。生きている以上、無限ループの中にいるのかもしれない。

 

だから「癒し」はあくまでも「過程」だから「魂のクセ」との付き合い方を見いだして、うまく折り合いをつけていくことが大切だ。

 

それはひょっとしたらアトピー性皮フ炎やじんましんに例えられるかもしれない。ずっと治ったり治らなかったりしてあり続ける。

 

でもそのおかげで普段から食を含む生活習慣に気を配るので大病をしなくて良いという利点が望める。

 

コメディアンへの道 パート1

シンガポールに温泉ができた。日本人が経営しているので日本的だと評判である。

 

シンガポール人のコメディアンも早速行ったらしく体験談をシェアしてくれた。

 

「行くと小さなタオルを貸してくれるんだけど、正方形なんだよねぇ。しかもどうも小さいんだけれど」と話してくれた。

 

確かに日本では長方形なので、体の大きな男性が小さなタオルと戯れている格好を想像するだけで笑える。

 

「みんな堂々と隠さずにいるけど、やっぱり人の目が気になってなんとなく隠そうとしてしまうんだよね、こんな風に。」

 

と言うと、人がいる方向に合わせて小さくて四角いタオルで大切な場所を隠し、目線をブロックしようとしている仕草をかわるがわるポーズを変えて再現してくれた。

 

さすがはコメディアン。どんなポーズをとっても表情豊かでオモシロイ。ユーモアにあふれていてウケてしまう。

 

お友達と行ったらしく、男同士で思う存分湯船に浸かって温泉を満喫したそうだ。

 

ただしばらくしてどうしても気になることがあったらしい。それは男性がバスタブを出入りする度にちょうど目線の高さにくる他の男性のそれである。

 

「しばらくして友達が言うんだよね〜。」

「なんて言ったの?」

「ここってコックフェスティバルみたいだって。」

「(爆笑)」

 

そう、やはり英語でコックとはニワトリというよりもついそれを連想させてしまうらしい。

 

そんなこともあってか、酉年の今年、私は「Year of Cock」という表記を見て即座に大ウケした。彼の言う「コックフェスティバル」を連想したのだ。

 

「酉年って英語でYear of RoosterだけどYear of Cockという英訳も間違いでは無いよね?!」

 

自分の感覚に自信が持てずにいた私はコメディアンの彼になら打ち明けられる気がして思い切ってたずねた。

 

「Year of Cock!!!! (大爆笑)」

 

やっぱりオモシロかったらしい。良かった、新年早々、仲間を見つけた安堵感に浸った。

 

「うーん、でもそう言って私がそんなことばかり考えている人と思われても困るし。」

 

「(笑いながら)ただやっぱりその意味合いが強いのは確か。」

 

なるほど、いつまでもぶりっこしていてはいけないと強く反省したエピソードとなった。

 

数日後、コメディアンの彼からメッセージがあった。

 

「時間があったら聴いて〜」

 

なんとそれは「Year of Cock」をネタとした自作の歌だった。コメディアンはプロの音楽家でもあるので普通に出来映えが素晴らしい。

 

これでもかと言わんばかりに何度も繰り返される「Cock」が頭の中を埋め尽くす。しかも耳に焼き付いて離れない中毒性のあるメロディー。

 

これぞまさにコックフェスティバル以外のなにものでもなかった。

 

しかも彼の情熱はとどまることをしらない。なんともうすぐ動画も完成するらしい。

 

「こないだあなたのことについてブログに書いたけど大丈夫だった?」と伝えると「僕のことだったら何でも書いて良いよ〜。」と言ってくれた。

 

コメディアンになるにはこれくらい寛大でなくっちゃ。動画が出たら早急にシェアしよう。

英語でウケるには

海外生活も長くなると、外国人から日本の「秘密」を教えて頂くことがある。

 

先日も親日家とお話をしていた時のこと。日本で出会ったお気に入りの商品を母国に持ち帰って販売しようとしたらしい。

 

意気揚々と検査機関に持ち込むも、公的機関で成分を調べてもらったところ、即破棄するように言われたそうだ。

 

「なぜか世界では禁止されているのに日本でだけ認められている成分があるんだよね〜。不思議だけど。」

 

シリアスな顔をする彼に向かって私はこう言った。

 

「だから日本人は長生きなんだね♫」

 

「(一同爆笑)」

 

本当のところを言うと、(「世界では禁止されているけれど日本では許可されている」とはどういうことなのか)内心、凍りついていた。

 

とはいえ、その場にいたのは私以外、全員外国人である。ともすれば同情を誘い深刻な話になりかねない。が、そうなったところでどうしようも無い。

 

「笑いは大いなる癒しをもたらす」を実感した瞬間だった。

 

7才の時に私は「コメディアンになりたい」という夢を描いた。夢は全部叶えたいと気持ちを新たにした矢先、コメディアンと一緒にお食事をする機会に恵まれた。

 

「早めにディナーが終わったらデザートも食べに行こう!」

 

「デザート♡♡♡♡♡」

 

ディナー後のアポまで時間が無いと思っていたのにディナーを早く済ませればデザートを食べられるなんて!!

 

まさかデザートがこんなにもモチベーションをアップさせるとは気が付かなかった。瞬く間にディナーを終えた私にコメディアンはこう言った。

 

「ものすごい早食いでびっくりしたわぁ、軍隊のトレーニングかと思った笑」

 

「(笑)(恥)」

 

それ以来、彼はことあるごとに私に向かって「早食い」と言う言葉を繰り返すようになった。

 

「別に早食いはワルいことじゃないよ」

 

「早食いしなくていいように最初からデザートがおいしいところで食事をすれば良かったね」

 

「今日も早食いしてるの?」

 

などなど枚挙にいとまが無い。その度に恥ずかしくもウケにウケてしまう。

 

ある時、私はどうしても耐えきれず「実は7才の時からコメディアンになるのが夢だった」と告白した。

 

コメディアンにそんなことを言ったらどう思われるだろう、ますます笑いモノにされるに違いない。

 

そう疑わず信じていたところ、意外にも心優しく爽やかに教えてくれた。

 

「まずは自分の短所について、自分でネタにして笑いとばすこと。先に自分で自分の短所を笑っている人に対して他の人はイジれなくなるから。」

 

「なるほど〜、確かに!」

 

「実はこれは学校でいじめられるのを防ぐ意味にもなるんだよね。」

 

「おぉぉぉ、それは奥が深い。」

 

「自分をネタにした後には他人をネタにする。」

 

「へぇ〜!」

 

「だからこれからもずっと早食いって言うからね。」

 

「(笑)(恥)」

 

おかげさまでゆっくり食べる習慣が身に付き、体調もすこぶる良くなるというオマケにも恵まれている。